「なにわ創生塾(なにわ知楽)」

「知楽」―知を楽しむことは、時間に追われめまぐるしく変化する環境に流される現代ではむずかしい。
とりわけ若いときは。
知楽は時間に余裕がでてきて、ゆっくり腰を落ちつけてからでも遅くはない。
何かしたいと思ったときがはじめどき。
自分の能力と体力にあったもの、自分の関心のある対象から少しずつはじめてみる。
ひとつひとつに時間をたっぷりかけて。
追究したいものを見つけ、じっくり時間かけて楽しみながら学び自分のものにしていく。

江戸時代の儒学者佐藤一斎は「老いて学べば死して朽ちず」と。
人生を有意義に味わう格好の、的を射た言葉。
勉強は若いときだけでおしまいにするのは惜しい。
知己好奇心は死ぬまで続くもの。

その好奇心が持続する文化環境を大事にしたい。
そのような気持ちをもった人々が集まって学習ネットワークが作れたら。
知識や智恵をお互いが出しあって、人的交流を創れたら。

そんな気持ちから、特定非営利活動法人ピースポット・ワンフォー「なにわ創生塾(なにわ知楽)」を起ち上げました。

@ 環なにわ津学の提唱 
なにわが古代よりアジアに直結する文化であった→上方文化の再認識、なにわに対する地域的アイデンティティの確認

A 大阪(上方・畿内)の文化を盛りたてるような会

B 独学のきっかけ作り 講師が一方的に講義するのではなく、ゼミ形式、フリーディスカッションの形も取り入れる。 人生の中で、細く長く<学ぶ−考えられる>システムを築く

C大学関係者ばかりではなく市井の専門家を巻き込んだ講師陣

1.生き方を問う 
@仏教入門とインド学入門
A日本人の心―神道、修験道の気持ち

2.なにわづ学・文化を和む−
@能・文楽・歌舞伎を百倍たのしむ大阪人講座
A古典講座
B近世絵本を読むC近世の上方遊女文化
D古代史漫談
E塩野七生『ローマ人の物語』を読むF藤沢周平の世界(輪読会)

3.「生きる」を愉しむ
@ビーズ手芸
Aハワイアンキルト

4.健康にいきる身体動作
@中高年のためのいきいきヨガ
A太極拳
Bシニアのためのフラ
C身体障害者のためのダンス
D朗読の会

5.その他 特別講座
@有津寄席
A音楽会
Bアンティークオルゴールなど。  

今後講座を増やしていきます。

 
 
copyright P'spot14[Naniwa-sousei-jyuku]. All right reseved.
このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はNPO法人ピースポット・ワンフォーに帰属します.